カプセル

日本国内では、性風俗店で性器性交ではなくてオーラルセックスのサービスが提供されているケースが少なくありません。個人間の性交渉でも、避妊をする必要がないという理由でオーラルセックスをするカップルがいます。オーラルセックスは避妊をする必要がないことから、性病に感染する恐れが無いと考えている人もいるようです。

オーラルセックスは性病の危険性が低くて安全と思っている人が多いですが、性器性交と同じように病気がうつる危険性が高いので注意が必要です。日本国内で最も感染率が高い性病のクラミジアの病原菌は、性器以外にも喉(のど)の粘膜にも感染することが知られています。クラミジア菌は粘膜の細胞に寄生しているので、体液や血液に触れなくても感染者の粘膜が接触するだけで他の人にうつります。粘膜の細胞に寄生するクラミジア菌は性器と口の間でも伝染するので、オーラルセックスでも病原菌に感染する危険性があります。

クラミジア菌以外にも、オーラルセックスで人から人にうつる性病はたくさんあります。オーラルセックスでうつる性病にはヘルペス・淋菌・梅毒などが知られていて、これらはいずれも粘膜や皮膚が接触するだけで感染してしまいます。いずれの病原体も感染率が高く、たった1回のオーラルセックスでもうつる危険性があるので注意が必要です。HIV・B型肝炎・C型肝炎などの病原体(ウイルス)も、感染率は高くないもののオーラルセックスで粘膜と体液が接触することで感染する危険性があります。

オーラルセックスで性病が伝染する場合、性器と口の間で双方向に感染が起こります。例えば女性の咽頭クラミジアに感染していたり口の中にヘルペスの水ぶくれや梅毒の病変があると、オーラルセックスで口から男性器に病原体がうつる危険性があります。男性が女性の性器や肛門を舐める場合でも、口の粘膜を通して性病に感染する危険性があるので注意が必要です。

一般的に性感染症の病原体は弱いものが多く、宿主の体を離れて水中や空気中に放出されると短時間で死滅します。このため、一部を除いて日常生活では他の人に感染する危険性はありません。性行為をする場合は病原体を多く含む粘膜の細胞や体液が人体を離れることなく相手の体の中に侵入するので、弱い病原体でも容易に感染してしまいます。オーラルセックスは避妊をする必要がないことから、男性がコンドームを着用しない場合が少なくありません。性風俗店のサービスでも、オーラルセックスの際に男性客にコンドームの着用を求めないケースがあります。口と性器の間で粘膜や体液が直接接触するとで、性病の病原体(細菌やウイルス)が人体を離れることなく簡単にパートナーの体内に侵入することができてしまいます。

オーラルセックスの際に性病を予防するためには、妊娠の可能性がなくても男性がコンドームを着用する必要があります。コンドームを使用すれば粘膜や体液・血液が接触をするのを防ぐことができるので、病気を予防することができます。ただし口や性器の外側の皮膚にヘルペスの水ぶくれや梅毒のしこり(病変)があると、コンドームを使用したとしても感染を防ぐことができないので注意が必要です。ちなみにオーラルセックス以外にも、アナルセックスでも一部の性病に感染する危険性があります。クラミジア菌や淋菌は、性器や喉(のど)の他にも直腸の粘膜にも感染することが知られています。ただし直腸の粘膜にこれらの病原菌が感染していていても、本人が気づかないケースが少なくありません。男性がコンドームを使用せずにアナルセックスをすると、肛門の粘膜を通して病気がうつる恐れがあるので注意しましょう。

記事一覧
知らないでは済まされない!風俗嬢がかかりやすい性病とは? 2020年06月24日

性病は、性交渉をする相手の人数が増えると病原体に感染する可能性が高くなります。このため、複数のパートナーとセックスをしている人や性風俗店でサービスを提供している女性は性病に感染するリスクが高いといえます。地域ごとに細かいルールが異なりますが、一般的に性風俗店は定期的に風俗嬢に性病検査を受けさせること...

おりものから判断できる!女性の体を守るための性病セルフチェック 2020年04月21日

性感染症の多くは発症初期の段階で強い痛みや腫れなどの自覚症状が出にくく、重症化するまで病気に気づかないケースが少なくありません。性病の中には、重症化すると合併症を起こして不妊症になったり命を失う危険のある病気も含まれています。重症化させないためには、症状が軽い初期の段階で見つけて早めに治療を開始する...

検査を怖がってはいけない!性病は病院で治療を受けることができる 2020年05月25日

体に何らかの異常を感じて性病の疑いがあっても、治療をしないで放置し続けてしまう人は少なくありません。性病に罹ることについて、何か悪いことをしているように感じている人がいるからです。病気であることを認めたくないという理由で、病院で受診したり、性病の検査を避ける人もいます。性感染症の多くは、病院で受診し...

小学生のための性教育!性病の予防は自分の体を守ることになる 2020年05月09日

近年、日本国内ではクラミジア感染症や梅毒患者数が増加していて問題になっています。クラミジアは性的に活発な10代後半や20代の若者の間で蔓延していて、中高生の間でも感染者が増えています。中学生や高校生は性病の存在や危険性を理解していない人が多く、体の異常に気づいても医療機関で受診せずに放置し続けてしま...

薬の個人輸入代行を利用して、バルトレックスを安く購入する方法 2020年04月02日

帯状疱疹やヘルペスの治療・予防に高い効果のあるバルトレックスは医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているので、日本国内では一般向けに販売することが禁止されています。薬を購入するためには、病院や診療所で診察を受けて処方箋を出してもらう必要があります。海外から個人で輸入する方法であれば、処方箋がなくても医...

ヘルペス治療にはこの薬が一番!バルトレックスの効能について 2020年03月14日

体内に潜んでいるヘルペスウイルスが活性化して増殖をすると、口唇または性器ヘルペスが発症します。発症するとチクチクする強い痛みの症状が出るようになり、治癒するまで続きます。何もしなくても1~3週間ほどで自然治癒しますが、発症している間は患部から大量のウイルスが放出されることで他の人にうつしてしまう恐れ...

性行為以外でも罹患リスクがある!性病の感染経路の実態を調査 2020年03月04日

性病(性行為感染症)の病原体は弱いものが多く、空気中や水中で死んでしまうので性行為以外で他の人に感染するケースは多くありません。ただし一部の病原体は人体を離れてもある程度の期間は感染力を保つことができるので、性行為以外でも他の人にうつる場合があります。性行為以外の感染経路で他の人にうつる性病の病原体...