• ホーム
  • おりものから判断できる!女性の体を守るための性病セルフチェック

おりものから判断できる!女性の体を守るための性病セルフチェック

考えている女性

性感染症の多くは発症初期の段階で強い痛みや腫れなどの自覚症状が出にくく、重症化するまで病気に気づかないケースが少なくありません。性病の中には、重症化すると合併症を起こして不妊症になったり命を失う危険のある病気も含まれています。重症化させないためには、症状が軽い初期の段階で見つけて早めに治療を開始することが大切です。

女性がクラミジアや淋菌感染症などの性病に感染すると、最初に膣や子宮の入口で炎症を起こします。膣や子宮口は痛みを伝える神経が少ないので、この部分で炎症を発症しても痛みなどの自覚症状が出ないケースが多いです。例えば初期の性器クラミジアを発症した場合でも、女性患者の約8割は自覚症状が出ないので病気に気づきません。女性の場合は性病を発症しても、痛み・痒み・腫れなどの自覚症状で病気を早期発見することが難しい場合が少なくありません。それでも、おりもの量や色の変化をセルフチェックすることで性病を早期発見することができます。膣や子宮で炎症が起こるとおりものが増えますが、病気の種類ごとに色や性状に違いがあります。病気の種類ごとに排出されるおりものの特徴を知っておけば、性病の種類を見分けて適切な治療をすることができます。

白色でクリーム状・チーズ状・酒粕状のおりものが多く排出された場合は、カンジダ腟炎や頚管炎などが疑われます。おりものが増えて発熱や下腹部の痛みなどがあれば、子宮内膜炎や卵管炎を起こしている可能性があります。このような場合に考えられる病気は、カンジダや淋菌感染症などがあります。白血球や細菌が混入していると、黄白色・黄色・緑色のおりものが出てきます。魚が腐ったような悪臭がしてサラサラしたおりものが排出された場合は、トリコモナス腟炎が疑われます。緑色で下腹部の痛み・発熱・リンパ腺の腫れなどがあれば、性器クラミジア感染症の恐れがあります。

血液が混ざっていると、おりものの色が茶褐色に変化します。悪臭がして茶褐色のおりものが出る場合は、子宮頸部がんや子宮体部がんの可能性があります。女性が性病に罹っても痛みや痒みなどの自覚症状が出にくい場合が多いですが、おりものをセルフチェックして病気を早期発見することができます。初期の段階で性病を見つけるために、日頃からおりものの量・色・性状の変化を観察するようにしましょう。もしも何らかの異常が認められたら、早めに専門医に診てもらうことが大切です。