• ホーム
  • ヘルペス治療にはこの薬が一番!バルトレックスの効能について

ヘルペス治療にはこの薬が一番!バルトレックスの効能について

薬を飲もうとしている男性

体内に潜んでいるヘルペスウイルスが活性化して増殖をすると、口唇または性器ヘルペスが発症します。発症するとチクチクする強い痛みの症状が出るようになり、治癒するまで続きます。何もしなくても1~3週間ほどで自然治癒しますが、発症している間は患部から大量のウイルスが放出されることで他の人にうつしてしまう恐れがあります。

この感染症は細菌ではなくてウイルスが原因で起こる病気なので、抗菌薬(抗生物質)を服用しても病原体の増殖を防ぐことができません。ヘルペスが発症した場合には、抗ウイルス薬のバルトレックスという薬を服用して治療をすることができます。バルトレックスの有効成分は体内でウイルスの増殖を抑える働きがあり、発症初期の段階で薬を飲むことで体内で病原体が爆発的に増殖するのを防ぐことができます。何もしないと自然治癒するまで数週間を要しますが、バルトレックスを飲めば数日程度で治ります。

バルトレックスの有効成分のバラシクロビルは、ヘルペスウイルス科のウイルスの増殖を抑える作用を持ちます。このためバルトレックスの効能は、単純ヘルペス・帯状疱疹・水痘の治療と再発抑制です。帯状疱疹(水痘)はヘルペスとは別の種類のウイルスが原因で起こる疾患ですが、近縁種なのでこれらの病気にも効果があります。

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える働きがありますが、既に存在しているウイルスを破壊することはできません。このため、薬の効能を発揮させるためにはウイルスの数が少ない発症初期に服用を開始する必要があります。発症して数日以上が経過すると体内でウイルスが増殖してしまうので、薬を飲んでも治療効果が低くなってしまいます。

バルトレックスはヘルペスや帯状疱疹が発症して早い段階で飲むと、治癒までに要する期間を数日程度に短縮することができます。標準的な服用期間は5日間で、早めに服用を開始すれば5日以内に痛みの症状が改善されます。バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑えることができる数少ない抗ウイルス薬のひとつで、皮膚科や性病クリニックなどで多く用いられています。錠剤タイプの飲み薬なので、口や性器の内側の粘膜に発症した場合でも治療をすることができます。治療期間中は1日2回に分けて薬を飲めば良いので、とても簡単です。バルトレックスは抗菌薬(抗生物質)のように腸内細菌を殺傷することがないため、下痢などの副作用が出にくくて安全性が高い薬のひとつです。