• ホーム
  • 薬の個人輸入代行を利用して、バルトレックスを安く購入する方法

薬の個人輸入代行を利用して、バルトレックスを安く購入する方法

病原体

帯状疱疹やヘルペスの治療・予防に高い効果のあるバルトレックスは医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているので、日本国内では一般向けに販売することが禁止されています。薬を購入するためには、病院や診療所で診察を受けて処方箋を出してもらう必要があります。

海外から個人で輸入する方法であれば、処方箋がなくても医療用医薬品を購入することが可能です。自分で使用する目的に限り、海外から処方箋薬を個人輸入して入手することが認められているからです。海外から医薬品を個人輸入する場合は、医薬品を専門に扱う個人輸入通販サイトを利用すると便利です。個人輸入通販サイトを利用して医薬品を注文すると、香港やシンガポールなどから日本国内の自宅に宅配便または国際郵便で届けてもらえます。海外からバルトレックスを個人輸入する場合は健康保険が使えないので全額自費負担になってしまいますが、まとめ買いをしたりクーポンや割引セールを活用して安く購入することができます。

個人輸入通販サイトで医薬品を購入する方法はとても簡単で、普通のオンラインショップと同じように日本語ページにアクセスして商品を選びます。商品を“カゴ”に入れてから最後に支払い手続きに進み、届け先の自宅住所を入力すれば注文が完了です。支払い方法はクレジットカードや銀行振込などが用意されていて、大手通販サイトと同じです。発注すると航空便で発送され、5~10日ほどで手元に商品が届きます。

個人輸入通販サイトを利用すれば処方箋がなくてもバルトレックスを購入することができるので、発症する前に購入して備えておくことができるというメリットがあります。ヘルペスを早く治すためには発症初期の段階でなるべく早めに薬を飲むことが大切で、手元に薬があればすぐに治療を開始することができます。バルトレックスは性器ヘルペス以外にも口唇ヘルペス(口内炎)や帯状疱疹の治療効果があるので、常備しておくと便利です。

ヘルペスは治療開始が遅れるとウイルスが増殖してしまい、薬を飲んでも十分な治療効果を発揮することができません。病院で薬を処方してもらうためには診察時間内に受診する必要がありますが、週末に発症した場合は外来受付が開始する月曜日まで待たなければなりません。放置しても自然に治癒するような皮膚疾患で、急患の扱いにしてもらうことはできないからです。発症してから2~3日が経過して薬を飲んでも治療効果が低くなってしまい、長期間にわたり痛みの症状が続くことになってしまいます。